word


初心者・お小遣い稼ぎランキング

こんにちは、にーなです。
ブログの記事を書くときに悩むことってありませんか?

私は、初めてブログ記事を書いたのは、14年前です。
その時は、アメブロを使っていました。
まだ、アメブロも始まって2~3年くらいだったと思います。

今は、日本最大級のブログスタンドですが、
その頃は、記事を書いている途中で記事が消えて、
また一から書くってことが多かったです。

サーバーが落ちていたんです(-_-;)
今では考えられないですね!

実はその時の育児日記・・・
毎日、コメントの書き込みが100件以上あって、
返信とお礼回りに毎日、5時間以上使っていました。

今、みたいに私自身のキータッチも早くなかったので(;^_^A

そんな中で、初めて書いた記事は育児日記でした。

同じ悩みを抱えたママ友と繋がっていたので、楽しかったです。

たくさんのママ友の記事を読みながら、
自分の記事を更新していました。

そこで、気づいたのは、やっぱり、
何か事件みたいなことがあった記事を
書いたブログは心に残っていました。

例えば、赤ちゃんのことが多かったので、
初めて立ちましたとか、
初めて言葉を発したとか・・・。

みんな写真をUPして、可愛さに癒されていたんです。

最近のように物騒ではなかったので、個人情報がどうのって
ことも気にしていませんでした!

そのアメブロの記事は育児日記でしたが、
このように読んでもらえる記事って、
法則があるんですよね^^



初心者がすぐに記事を上手に書くには、起承転結の法則が一番簡単!


記事を書くのに慣れたコピーライターは
起承転結を軸にいろいろなツールを使いますが、
まずは、起承転結で記事を書けるようになりましょう。

それができるようになったら、
記事を使って何をするかで
使うツールも変わってきます。

例えば、記事を読んで行動を促すには、
AIDMA(アイドマ)の法則や
PASONA(パソナ)の法則などを使います。

それぞれ、少し、勉強が必要です。




____________________________________

しかし、起承転結は小学校の頃に
文章の作成方法で学んできたはずなので
誰にでもできるようになります。

ちょっと意識するだけで、
文章が見違えるようになります。



では、「起承転結」についてみていきましょう。

「起」・・・起(オ)きるっていう字です。
今から記事に書くことの内容を
読んで頂くために事件的なことを書きます。

例えば、ドラえもんや映画などでは、
最初に何かが起きて・・・

最後に解決に結びついていく
ストーリーで作られています。

その最初の事件や
起こった事柄について記事にするのです。



「承」・・・承(ウケタマワ)るっていう字です。

最初の「起」を承ることなので、
続くって意味になります。
そうして、事が進んでいきます。



「転」・・・転(コロ)ぶっていう字です。

「承」で、事柄が進み、
「転」の最大の山場を迎えます。


「結」・・・結(ムス)ぶっていう字です。

「転」の山場や最初の「起」、
次の「承」の内容をスッキリ解決しながら
「結」結論が出て、物語が決着します。

この書き方だと、
内容がスッキリしてとてもわかりやすいのです。

難しく考える必要はありません。

例えば、プレゼンテーションなどで、
資料を作成するときに
私はパワーポイントを使いますが、
この時も起承転結を心がけています。

つまり、起承転結は、いろいろな場で使っているのです。
あなたも無意識のうちに使えていると思います。

それを意識してブログ記事を書くだけで
読んだ人が、理解しやすい文章になります。

自信をもって記事作成をしましょう。

最後に、ブログ記事を書くときは、
「~思います」とか、
「~かもしれません」の連呼は避けましょう。

なぜならば、自信がないように思われてしまうからです。

専門家として書く記事であれば、なおさらです。

記事を書いた後、読み直して推敲する癖をつけると、
そういうところに自分で気づけます。

読み手は、何かの情報を求めて、
または何かの答えを探して
あなたの記事に訪問してくれます。

だから、あなたが書く記事には
自信を持って欲しいのです。

きっと、起承転結で書かれた記事は、
訪問してきた読み手を満足させてくれるでしょう。

応援クリックお願いします(*^-^*)

初心者・お小遣い稼ぎランキング